R-1王者に苦労人やまもとまさみ!「借りたタクシー代返したい」


ピン芸人日本一決定戦「R-1ぐらんぷり」の決勝が4日、東京・台場のフジテレビで行われ、お笑い芸人、やまもとまさみ(40)が初優勝した。

 7年ぶりの決勝進出で史上最多3715人の頂点に立ったやまもとは、「ずっと続いていた嗚咽がなくなると思ったら、うれしい」と大感激。実演販売など3つのアルバイトで妻子を養っている苦労人で、大会のために今月のシフトを白紙にしていたことを明かすと、「奥さんも気にしていたので、『3月分は大丈夫だよ~』って伝えたい」と安堵の表情を見せた。

 生活がかかった大会前には所属事務所の先輩、Take2の東貴博(44)の“力”もあった。「THE MANZAI 2012」の覇者、ハマカーンが決勝前日に座った縁起のいい東家の“キングの椅子”に座らせてもらったという。その効果か、ブロック戦では最多得点の15点、レイザーラモンRG(39)、馬と魚(23)との戦いを制したファイナルステージでも8点満点でぶっちぎりで“キング”になった。

 賞金500万円の使い道は「先輩から借りたタクシー代を返したい」と笑わせながらも、現在第2子を妊娠中の妻、愛(32)さんと新婚旅行をしていないことから「南の島に連れて行きたいですね」。今後の夢には「いい小屋を借りて一人芝居ライブをやりたいです」と目を輝かせた。


http://www.sanspo.com/geino/news/20140305/owa14030504450000-n1.html 

【やまもとまさみ特集 2014R-1優勝】の続きを読む